夏を感じることができる色鮮やかな“風鈴まつり”

7月から9月頃、光明寺ではたくさんの風鈴が飾られる。

風鈴の日本での起源は、中国から伝わった「風鐸」がもとになったと言われている。

その当時は災いから守ってもらえるものとしてお寺の四隅に飾られるており、平安時代に貴族が軒先に吊るしていた頃には「風鈴」という呼ばれていたそう。

光明寺は、719年に行基菩薩が開創された播磨六地蔵のひとつだそう。

別名、福ふくふくろうの寺とも呼ばれており、寺内には沢山の梟が祀られている。

福ふくは七福神霊場、宿場町平福に由来しているそう。

光明寺 風鈴まつり

〒679-5331 兵庫県佐用郡佐用町平福149

開催期間:2021年7月12日(月)〜9月12日(日) 9:00〜16:00

入山料:無料

http://fukurounotera.com/

※開催期間等の詳細はホームページをご覧ください

▷パーチから車で42分

光明寺 風鈴まつり
0.0Overall Score
Reader Rating: (0 Votes)

Related Posts

Leave a Reply

Your email address will not be published.